素敵な家

紫外線に強くする

白と赤の家

新築で建設した住宅も10年、20年と経つと劣化も目立ってきます。
近隣に新築住宅が建とうものなら、自宅と比較して見劣りし、建て直そうかという気持ちにもなります。
しかし、建て替えとなると費用は莫大で、建設中の住居を探す煩わしさなど、相当のエネルギーを使います。
しかし、「リフォーム」という選択肢を選べば、低コストで住宅を一新させることも夢ではありません。
特に、外壁やエクステリアを変えるのがお勧めで、家がまるで新築のように生まれ変わります。
外壁を変えることで冬の寒さや、夏の蒸し暑さからも解放され、「そういえば、新築の時は暖房費もかからなかった」などという発見も期待できます。
エクステリアは、植栽やカーポートの舗装を行うだけでも効果大です。

従来の住宅メンテナンスといえば、建て替えまでやらないにしても、外壁や屋根など実用面での改修が中心でした。
雨漏りや外壁の塗装がはがれてから、やむを得ずに工事することも多かったようです。
そして、退職金で建て替えをするというコースがだいたい出来上がっていました。
しかし、時代はエコです。
立て替えによる廃材を考えると、リフォーム工事をすることで、ずいぶんと無駄を省けます。
しかも、リフォーム工事は進化しており、ちょっと手を加えるだけで見違えるような結果を得られます。
費用も立て替えに比べると、数分の一程度に抑えられます。
外壁や屋根を直し、ウッドデッキを作って、芝生を張り替えるだけで、まるで、新しい家に引っ越してきたような気分を味わえるのが「リフォーム」なのです。