素敵な家

熱をコントロールする

グラスが並ぶキッチン

建物を美しく見せ、エクステリアを引き立てるための最も効果的な方法の1つが外壁塗装や外観のリフォーム工事です。
長く住み続けた見飽きた住空間も、エクステリアのリフォーム工事によって新居同然の見た目と、新鮮さによって気持ちも入れ替えることができます。
中でも外壁塗装は、住宅の機能性と美観の両方を向上させることができるため、リフォームにおいてメリットの大きい箇所です。
例えば断熱や遮熱塗料を使用した外壁塗装を行うことで、室内環境の快適化だけでなくエアコンの使用減少による、電気代の節約にも繋がります。
また新しい塗料で外壁を塗り直すことで、防水性や防汚性を改めて付与することができ、住宅の保護に努めることができます。

近年話題となっている光触媒塗料は、最新の技術を用いた防汚性で汚れが付着しにくく、付着しても雨が洗い流してくれる優れた特性を持っています。
これ以外にも耐性を多く備えているなど、現時点での最も高性能な塗料の1つです。
しかしそのような塗料でもメリットだけではなく、デメリットもあるため施工に用いる前に光触媒塗料についての知識を持っておいたほうが無難です。
まずメリットは前述の防汚性に加えて、耐用年数が長くておよそ20年ほどある点です。
ただし20年は目安で、使用環境や施工職人の腕によっても上下します。
また空気の浄化や臭いを分解する働きもあり、さらに遮熱効果も備えています。
一方でデメリットもあり、施工価格が高いためリフォーム工事において、選択するのに躊躇しやすい点があります。
このように光触媒塗料にはメリットとデメリットの両方があるため、それらを考慮して外壁塗装の塗料を選定をします。